【面接官小話】家・スーツ・お金のどれもない!!アナタならどうする?

この記事を読むのにかかる時間 : 約7
2月の上旬は応募・面接ラッシュでした。ありがたいお話です。
今回は一般的なご応募よりも緊急性の高いご応募や問い合わせが多かったです。

特に記憶に残った方2人のお話しをご紹介しようと思います。
【1人目】
「名古屋から大阪に来たばっかりで、住み込みで仕事したいんですが大丈夫ですか?スーツもないんですけど・・・」
電話に出た瞬間にそう言う若い男性。
『シェアハウスであれば、1ヶ月無料で住む事は出来ますよ!!出てきたばかりとの事ですが、いつ頃大阪に来られたんですか?』

「たった今です!!さっき新大阪駅について、今は曽根崎警察が前に見えます!!でも本籍地記載の住民票はあります!!」

ええええええええええ!!!!ホンマに来たばっかりやん!!!!

道もわからんやろうし、お互いの服装を伝え合って曽根崎警察署前で待ち合わせをしました。
面接場所は幸いにも曽根崎警察署から近いので10分後にはお会いする事が出来ました。
無謀さに驚きながらも、何で大阪だったのかを聞いてみました。

「元々、東京に住んでて高校中退してからは歌舞伎町とか上野でキャッチとスカウトしてたんです。でも、違法店で危なくて・・・。
名古屋に友達がおったんで、友達頼って行ったんです。そろそろ仕事探そう思ったら、友達が東京に行くって言いだして。
僕は東京に戻るつもりがなくて、大阪に出たら仕事あるかなと思って・・・。」

若さって凄いなと思いました。
こちらの待遇を説明して、二次面接へ。
無事採用となりましたが、家がない。

お会いした時間はシェアハウスの管理会社の営業が既に終わっていた時間だったのです。
提携先のホテルで1泊してもらい、翌朝シェアハウスの契約へ。
契約後にスーツを買いに行き、配属される店舗へ。

先日、店舗へ会いに行きましたが「大阪の地理がわからない。本当にこの電車は職場に着くのか?」と不安になるそうです。
そこは慣れるしかないね!!頑張れT君!!

【2人目】
だんじりが日本で1番有名な町と言っても過言ではない岸和田市。
2人目の彼は岸和田市の出身です。
小さい頃にご両親が離婚し、そこから彼は親に負担を掛けないように『実家を出る事』を常に考えます。
通信制の高校に通い、昼間は鳶職をしながら学費を稼いでいましたが、学業との両立が難しくなり高校を中退。
友人の家に仮住まいをさせて貰っていたがそろそろ限界・・・。
そこで寮のあるグローアップへ応募となりました。
原則、スーツ支給or寮費1ヶ月負担のどちらかを選んで貰うのですが、
1人目のT君も2人目のY君も『お金も家もスーツもない』ないないないの3拍子。

スーツを買っても帰る家がないと仕事は出来ない。
帰る家があってもスーツがないと仕事は出来ない。

と言う事もあり、特別に両方を適用する事にしたのです。

それぞれ寮のシェアハウスを契約し、スーツを買った後に店舗へお連れしました。
1ヶ月の寮費(3万5千円)を初月負担する為、先日管理会社さんへ行きお支払をしてきました。
「彼ら2人は頑張っていますか?」と管理会社の方も気にしていました。
お子さんとそこまで年齢が変わらないので気になる様子でした。
なるべく店舗に顔を出して様子を見に行っていますが、それぞれ元気そうです!!

彼らが頑張ってマンスリーマンションや一般物件に引っ越したり、良いスーツを買う日が楽しみです。

その他のコラム・風俗ニュースはこちら!!
働きたい方はこちらから!!
詳しく待遇が見たい方はこちらから!!
福利厚生が見たい方はこちらから!!
色んな質問が見たい方はこちらから!!

今すぐ応募はココをタッチ

今すぐ応募はココをタッチ

LINEで簡単応募 質問だけでもOK!メッセージでお気軽にお問合せ下さい!