【正社員の転職準備】その転職を成功へ導く心構えのポイント

この記事を読むのにかかる時間 : 約15



1:なぜ今、転職をするのか


自分のスタンスをしっかり見つめる


転職の理由は人それぞれ。
「新しい業種にチャレンジしたい」「キャリアアップをしたい」等のポジティブな理由がある一方で、「職場での人間関係に行き詰った」「会社の経営状況が悪い」といったネガティブな理由で転職を考えている人も多いのではないでしょうか。
転職活動を始める前にまず大切なのは「なぜ今、自分は転職を考えているのか」を冷静に見つめることです。理由を明確にしておけば、後々の転職活動中もあなたの大きな助けになってくれるでしょう。
ただし、ポジティブ・ネガティブどちらの理由であれ、一時の感情で転職をする事は避けるべきです。



転職するリスクとデメリット


転職を意志を固める前に、転職によって生じるリスクとデメリットも考慮しておかなければなりません。
転職するという事はメリットだけではありません。転職によって起こりうるリスクを自覚し、リスクテイクしてもなおその転職が自分にとって有益なものかどうかを冷静に分析する必要があります。
たとえば、給与や雇用形態・人間関係などのメリットとデメリットを紙に書き出してみてください。おそらくそれまで気が付かなかった事柄が出てくるはずです。それらのことを理解した上で、次のステップに進むようにしましょう。





2:企業があなたに期待する人物像


自分のアピールポイントはどこか


転職を決断したら、いよいよ転職活動のスタートです。働きながらでも効率よく活動するためには、中途採用において「自分に求められている人物像」を理解することがポイントです。業種にもよりますが、学歴や熱意が評価されるのは新卒採用だけであると思っておきましょう。
大抵の場合、採用担当者が中途採用で重視するのは職務経験と職務能力です。また合わせて専門知識や技術を求められる場面も多くなります。あなたが応募企業に貢献できる能力をアピールすること、入社意欲、そして社会人としての最低限のビジネスマナーが備わっていることが採否を大きく左右します。

年齢によってアピールすべきポイントは変わる


企業があなたに期待する事は、あなたの職務経験や能力だけでなく年齢によっても違ってきます。また転職理由がデメリットにならない様、求められている人物像に沿った受け答えが出来るように準備しておきましょう。



20代は行動力と適応力、30代は経験とリーダーシップ


中途採用においては即戦力となる人物である事が大前提すが、20代と30代では即戦力の意味合いが異なります。
20代の場合、適応力や行動力があり「短期間で戦力になる」事、そして新卒と違いビジネスマナー等の社会人としての基本を心得ている事が求められています。
それに対し30代は、これまで経験を生かし「即現場で働ける人物である」事、更には指揮を執ったり問題改善に取組む能力があるかなど、企業が求めるハードルはより高くなっていきます。
1つ言えることは、あなたの年齢がいくつであれ過去の経歴だけに固執せず、新しい仕事に挑戦し精一杯やるという意欲を見せることが大切です。





3:自己理解が成功への第一歩


転職後の自分のためにも


あなたの「転職の目的」「経験・能力などのアピールポイント」がしっかり整理できたら、最後は「ウィークポイント」も忘れず整理しておきましょう。
面接では、柔軟性や対応力を知るために、過去の失敗や自分の短所などを聞かれることが多々あります。弱点だけでなく、対処法や改善策なども合わせて考えておけばアピールに繋げる事もできます。
また自分の弱点を謙虚に受け止める事は、転職だけでなく今後の成長にも良い影響を与えてくれるでしょう。





まとめ
人生において転職は重大な転機です。あなたの決断が、あなたにチャンスを与え、大きく飛躍するための土台となるよう、「自分の挑戦したい事」や「理想の自分像」と徹底的に向き合ってみてください。焦りは禁物です。
自己考察と分析を繰り返し良い転職活動をスタートさせてくださいね!

今すぐ応募はココをタッチ

今すぐ応募はココをタッチ

LINEで簡単応募 質問だけでもOK!メッセージでお気軽にお問合せ下さい!