【一番喜んで頂きたい方がいる】グローアップのターゲット層とは

この記事を読むのにかかる時間 : 約10
ターゲット層とは『こういったお客様に是非、来て喜んで頂きたい!!』という層です。
そのターゲット層以外の方には来ないで欲しいと思っているわけではありません。
そういったターゲットを絞らないとコンセプトがバラバラになってしまうのです。
このターゲット層をしっかり設定し、それに合せて商品開発や広告内容やお店の内装などを考える必要があります。
いかにターゲット層を設定する事が重要かはスターバックスコーヒーの成功が証明しています。
スターバックスは1971年にアメリカ合衆国ワシントン州シアトルで開業しました。
今までは、店内が狭く1服の休憩に入るようなコーヒーショップが多く、価格は200円と割安です。
その為、回転率が重視され、店内にテーブルと椅子が所狭しと並び、落ち着いてコーヒーが飲める空間ではありません。
しかし、政治的側面では喫煙者人口を減らそうという政策が実施されていたのです。
更に、社会側面では健康ブームであり、喫煙者の人口は減少傾向にありました。
この世の中の流れを読み取り顧客層(ターゲット層)をコーヒーのバリエーションにもこだわる、グルメな人。
またオシャレな空間でゆったりした時間を過ごしたいという非喫煙者の若い女性に決めました。
そのターゲット層が来店しやすい、来店したくなるお店はどんなお店だろう?と考えていきます。
コーヒーの単価としては一般的なお店より高く500円~600円程度に設定。
コーヒーを提供する価値として品質は最高レベルの豆とバリスタがいる。
また様々なトッピングでバリエーションが豊かである。おいしくお洒落な軽食もあり、雰囲気が素敵。
ゆっくり1~2時間程度、おいしいコーヒーや食事をしながら読書や仕事、友人との会話で大切な時間を過ごせる場所。
そんなイメージを次は形にしていきます。
1席1席の間隔を広くとり、ソファーや座り心地の良い椅子、軽食も食べられる広めのテーブルをセッティング。
柔らかい照明や心地よい雰囲気を演出する内装、外装を店舗に施します。
「コーヒーの味、ゆったりとしたファッショナブルな雰囲気」
この価値を提供する事で仕事や読書の自分の時間や友人とゆったり会話するという場所にスターバックスを選択しやすくなります。
また、ターゲット層の顧客は喫煙者と別の空間でコーヒーを堪能したいと考えていると判明します。
非喫煙者の方はタバコの臭いに敏感で、嫌いな人が多いですからね。
その為、スターバックスは全席禁煙。外のテラス席のみ喫煙が可能です。
高品質のコーヒーを提供する為にタバコの臭いが邪魔になるという理由もあるそうです。
そのターゲット層に訴えるコンセプトは『第3の場所』
スターバックスが考える第1の場所は仕事場。第2の場所は家庭。そして第3の場所にスターバックスを選んでもらえるお店を創り上げました。
ここまで徹底したコンセプトとターゲット層を創り上げ、実行したスターバックスは大成功。
これからも凄い勢いで、事業を展開していくでしょう。

そんなターゲット層が実はグローアップグループにもあります。
それは社長が、このようなお客様に何が何でも喜んで頂きたい!!と思った実体験がきっかけでした。
社長が初めてのお店をオープンして暫くしてから、お付き合いでとあるキャバクラに行く事になりました。
その方は羽振りが良く、シャンパンや高いお酒をどんどん注文します。
ボックス席に沢山の若い女性がつき、わいのわいのと大盛り上がり。
しかし、社長はカウンターの端の席で1人背中を丸めて飲む30代後半~40代の男性を見つけます。
チビチビとお酒を飲むその姿は哀愁が漂い、その男性から目が離せません。
どうしてもその男性が気になった社長は、自分達の席についているキャストの女性に聞きます。
「あのカウンターで飲んではる人に誰も女の子がついてないやん。放置やで。何で?」と。
するとキャストさんはとんでもない事を言うのです。
「あ、いいんです。あの人ほっといても月1来るから。」
限りある時間・お金を使ってお越し頂くお客様に対しての対応ではありません。
社長は怒りを覚えると同時に、お客様に対してこんな酷い扱いしかしない店はきっともっとあるはず。
その体験と思いが、ミッションである『愛される実感を提供する』や喜びと感動を提供するという経営理念を生み出しました。
そのようなお客様にこそ遊ぶ事の楽しさや喜び、感動を知って頂きたい!!
愛される実感は大げさな事ではありません。
例えば雨が降っていて濡れているお客様にはタオルをお貸しする。
雨が急に降り出した時には傘をお貸しする。
お客様とコースが終了しお別れをする時には見えなくなるまでお見送りをする。
そんな些細な事が大切だと考えます。

だから店舗スタッフはチャラい感じではいけません。
ロン毛で茶髪ではいけません。
私服での勤務ではいけません。
ピアスやノーネクタイではいけません。
全て、そのターゲット層であるお客様が安心してご利用頂くためのルールなのです。

適当な風俗屋さんとは気持ちが違います。想いが違います。覚悟が違います。行動が違います。
『何が何でも』お客様に喜んで頂く!!
そんな想いで僕たちは日々営業をしています。
なので、決して甘い仕事ではありません。
楽して稼げる仕事内容ではありません。
でも、一生懸命頑張るスタッフは全力でフォローします。
だからこそ、目標を達成した時・お客様に喜んで貰えた時の喜びは何物にも代えがたく自己成長に繋がります。
そんな仕事場で頑張りたいと思う、人を僕たちは待っています。

グローアップの理念を知る
挑戦したい人はこちらから応募!!

今すぐ応募はココをタッチ

今すぐ応募はココをタッチ

LINEで簡単応募 質問だけでもOK!メッセージでお気軽にお問合せ下さい!