年代別 中卒者が転職する際のポイント

この記事を読むのにかかる時間 : 約12



20代は若さで勝負


ハローワークや求人誌を見てみると、応募資格に「大卒以上」や「高卒以上」と明記されている求人は珍しくなく、学歴は確かに重要な要素といえますが、20代の中卒転職者は「若さ」という、場合によっては学歴以上に効果を発揮する要素を持っています。どこかの会社に就職して経験を積むのも一つの方法ですが、それだと学歴のせいで就職できる会社や職種が限られてきてしまいます。若いうちは時間がありますので、資格を取って専門的な知識を必要とする職種にチャレンジするのも有効です。

普通自動車免許を持っていない人は持っておいて損はありませんし、宅建や調理師などの国家資格は取得しておくと中卒でも転職先の選択肢が大きく広がります。

勉強は、書店などでテキストを買って独学で勉強するか、資格取得のための学校へ通いましょう。独学の方が学費がかからない分安く済みますが、自分を律する意志の強さがないと勉強が続かず、挫折してしまいがちです。自分の意志の強さや経済的な余裕を考えて、独学で勉強するか学校に通うかを判断しましょう。

勿論、資格がなくても入れる会社を探して、そこで経験を積むのも良いことです。選べる選択肢としては肉体労働系の職種がメインになってきますが、体力のある20代はそれだけで重宝されるでしょう。専門的な技術を必要とするタイプの職種でも、一般的に若い方が技術の習得は速いので、経験を積んで会社の中心を担う人材になることは十分可能です。そうなれば他の職種よりも高い給与も望めるでしょう。





30代は資格よりも就職を優先


30代の転職は、20代の場合と比べると、若さで劣っている分、少し厳しいものになるという覚悟はしておいた方が良いでしょう。30代でも働き口はまだまだあると言えますが、時間をかけて資格を取ってから転職するという時間的な猶予はあまりないと考えた方が良さそうです。

資格を取得するよりも、どこかの会社に転職することが優先順位としては上と言えますが、フォークリフトの免許は短期間で取得することができ、30代の転職にも有利に働くので、持っておいて損はないでしょう。現場作業系の求人にはフォークリフト免許を所持していることが応募条件の求人が多々ありますので、持っておけば応募できる求人の数は増えるはずです。

30代は10代や20代の人と比べれば難度が多少高くなってきますが、諦めなければまだまだ働き口がある年代です。諦めずに転職活動を行う姿勢が何よりも大切と言えるでしょう。





まとめ
転職市場において学歴は重視されがちですが、学歴がないからと言って必ずしも転職できないとは限りません。自分なりのアピールポイントと熱意をもって面接に挑めば、その熱意と人柄を評価してくれる会社もあります。自分は中卒だからと尻込みせずに、自信をもって転職活動に臨むのが一番のポイントです。

今すぐ応募はココをタッチ

今すぐ応募はココをタッチ

LINEで簡単応募 質問だけでもOK!メッセージでお気軽にお問合せ下さい!