【資格取得を目指そう】中卒者の転職を本当に有利する資格の選び方

この記事を読むのにかかる時間 : 約10



資格取得を目指す前に


資格を持つだけでは難しい


実力・成果主義といわれる現在でも中卒者にとってはまだまだ高い“学歴の壁”。そんな現状を打破したくて資格取得を目指す人も多いと思います。
でも、いざ調べてみると「資格の種類が多すぎて良くわからない」「受験資格が高卒以上だ」等、悩みは尽きませんよね。
そもそも一生懸命に勉強して資格を取得したとしても、希望通りの就職が出来る保証はないのが現実です。



企業が求めていること


突然ですが、たとえば同じ資格を持った人が二人いたとしたら、企業は何を基準に二人を比較するのでしょうか。
転職の場合、それまでの職務経歴や実務経験がほぼ同等の人であれば、より学歴の高い人を採用する場合が多いといえます。
「なんだ、結局学歴じゃないか・・・」と諦めてはいけません!
この時、企業側が重要視しているのは「“学歴”という名の“証明書”」だからです。「○○卒」というのは「この人は少なくとも××学校で○年間学業を全うする力がある」という実力を裏づける資料にすぎません。
つまり先ほどの例で学歴によって差が付いたのは、学歴と同等の裏づけ資料が用意できなかったからです。
企業側が知りたいのは「あなたの“本当の”実力」。
資格や学歴が重要視されるのは、誰が見ても一目で分かる「公平な実力証明書」であるからなのです。




たくさん資格を持つのは逆効果?!


重要なのは資格の難易度ではない


あなたの実力を裏付けるために、資格取得が効果的であることはおわかりいただけたと思います。
では、難しい資格をたくさん持っていた方が転職の際より有利になるのでしょうか。
弁護士や公認会計士の資格は「学歴に関係なく取得できる高等資格」の代表です。確かに「中卒だけど弁護士資格持っています!」と言われればインパクトは大きいかもしれませんが・・・
大切なのは資格の難易度ではなく、“転職との関連性”だという事を忘れてはいけません。
「どのような資格」を「なぜ持っている」のかしっかりと説明できるようにしましょう。
まったく関連性のない資格をたくさん持っていると「飽きっぽい人」という印象を持たれかねませんので注意が必要です。





内定につながる資格の選び方


何をアピールしたいか決める


自分に合った資格を見つけるには、まず何をアピールしたいのかを決める必要があります。

1:「実力があります!」とアピール
これまでの職務経歴や実務経験と関連するような資格を取得する。
・接客サービス業をしていた→販売士資格
・トラックやタクシーの運転手をしていた→運行管理者資格(受験に一定の要件あり)
など

一見、学歴によって受験制限があるようなものも、実務経験年数によって受験資格が得られる資格もあります。
まずは自分の職務経歴と照らし合わせて、キャリアアップにつながるような資格を探してみましょう。


2:「ヤル気」をアピール
転職する業種に関係のある資格を取得する。
また難易度の低い資格を取得してから、より難易度の高い資格にステップアップすることで向上心をアピールする事ができます。
・ITパスポート取得後→基本情報技術者試験
・販売士検定3級取得後→販売士検定2級
・丙種危険物取扱者取得後→乙種危険物取扱者
など

未経験の業種に転職希望する場合、難易度の低い資格であっても「転職にたいする意気込み」は伝える事ができます。





まとめ
資格を取得すれば必ず転職に成功するわけではありません。でも、資格を持っていれば有利になることは間違いないでしょう。
何より資格試験に合格することで、仕事へのモチベーションや自信につながります。
あなたをより魅力的にするための資格を見つけ、胸を張って転職に臨んでくださいね!

今すぐ応募はココをタッチ

今すぐ応募はココをタッチ

LINEで簡単応募 質問だけでもOK!メッセージでお気軽にお問合せ下さい!