社宅・社員寮は人間関係の構築には非常に良い環境で、その後の仕事にも役立ちます

この記事を読むのにかかる時間 : 約12



社員寮での人間関係の構築


新しい会社に転職したときに寮生活を1年間経験しました。
それまでは寮生活というのは予備校時代に1年間経験したことがあり、当初は不慣れなところもありました。
そして、それから10数年経ち、また寮生活。その時の量は部屋の大きさが6畳で、風呂、トイレは共同、食事は朝と晩の2食付き。
洗濯機、風呂を備えており、風呂は大浴場。20人がいっぺんに入ることができるような大浴場でした。

そんな寮生活の中で特によかったなと思える点は、人間関係の構築でした。いろいろな人が寮生活を送っています。その中で、人間関係を気付くことができます。意外に重役クラスの方も異様しているので、そういった方と関係を気づいておくと、のちのちの業務に役立ちます。また、若手でも結構できる人間も多く、仕事の中で役に経ちます。なかなか人間関係を気付くことは難しので、寮生活を十分に利用することも良いのでは。今もその時の人間会計は続いており、仕事の中で役立っています。





社員寮での自分一人の時間づくり


寮生活は一人でいる時間があります。これは重要で、家族を持つと、自分一人の時間がなかなかつくることができません。そういった中で、自分一人の時間を作り出すことは非常に貴重な経験になります。

寂しさも少しはありますが、なんといっても自分自身を振り返ったり、いろいろなことを見つめ直すことには非常にありがたみがあります。
今でもその時の自分一人の時間は貴重だったなと思います。





学習のための寮生活


寮生活で良かった点は、もう一つ。それは自分の時間が持てるようになり、学習ができたこと。
結構、資格試験の機会があり、その勉強を1年間することができました。

社会人になるとなかなか勉強をする時間は持てないもの。そんな中、寮生活では時間をつくることができます。
朝出勤する前、そして、帰宅をしてから。毎日、3時間くらいは勉強をしたと思います。

それによって、資格を取れたことと、専門知識を増やすことができました。
その時間は本当に貴重で、今では家族と一緒に住んでいますが、なかなか時間は取れなくなっています。

今の仕事の知識を吸収し、それが仕事に役立ち、根幹になっていると実感しています。
ぜひ、自分一人の時間を作り、学習に当ててみるのも良いと思います。





まとめ
寮と聞いて、どんな印象があるでしょうか。まだ経験をしたことがない人もいると思いますが、意外にも利用していみると、上記に述べた点など良い面もあります。
自分の場合には、最初は嫌悪感を持っていましたが、利用してみて、今では非常によかったと思っています。
その後の仕事の根幹を形成するのに役立った期間だと思っています。ぜひ、一度利用することをお勧めします。

また、自分から、厳しい場に身を置いてみることも良いと思います。
何かと社会人になると厳しい場に身を置くことがすくなってきます。そういった中で寮生活は、その場ではないでしょうか。

今すぐ応募はココをタッチ

今すぐ応募はココをタッチ

LINEで簡単応募 質問だけでもOK!メッセージでお気軽にお問合せ下さい!