大阪の高収入風俗店男性求人|グローアップグループ求人オフィシャルサイト

大阪の大手風俗グループグローアップ公式採用情報サイト

お問い合わせ

【押さえておきたいポイント】再就職のためのノウハウ

この記事を読むのにかかる時間 : 約16



面接時の注意ポイント


就職面接は、採用を決定付ける大きな分かれ道です。ここでの失敗が採用結果に直接関わってきますので、しっかりと対策をとっておく必要があります。

言葉遣いや態度といった点は当然ですが、忘れがちな重要なポイントといえば、履歴書に記載したことをしっかりと把握しておくということです。というのも、履歴書に記載されている内容と、あなたが面接で話した内容に差異があった場合、相手はどちらが本当のことなのかわからなくなります。もしかしたらそのことによって「適当な内容を履歴書に書き込んでいるのでは?」と疑われてしまう可能性もあるのです。

一語一句覚える必要はありませんが、志望動機や自己PRといった部分に書き込んだ内容ぐらいは暗記して、面接に挑むようにしましょう。





内定を勝ち取るための履歴書作成


履歴書を正しく作成するということも重要なことです。ただし、正しさという点も重要ですが、そればかりに意識を持っていかれては、採用担当者にインパクトを与えられません。正しさを保ちながら、独創的な内容を書き込むようにしましょう。



志望動機は熱量を伝える


志望動機は論理的な内容であると同時に、自分がどれだけその企業の仕事に関心があるか、なぜその企業でなければダメなのかという熱い気持ちを伝えることが重要です。相手は「別のウチじゃなくてもいいんじゃない?」と揚げ足をとってこようとするので、その隙をなくす意味でも、その会社でなければならない必要性を記入するようにしましょう。



自己PRは相手の得をアピールする


自己PRは自分を採用すれば、企業側にこのようなメリットがあるということを伝えましょう。もしもそこで、自分がどれだけその会社に入りたいかということを伝えても、相手にとっては得のない関係のない話です。無意味な自己PRとなってしまう可能性があります。





給与交渉の駆け引き


転職をされる方においては、給与面での待遇というのも重要なことです。
基本的には「貴社規定に準じます」と記載するのが一般的ですが、それでは足元を見られ、低い給料になってしまうのではないかと心配になる人も多いと思います。生活のこともあるので、できるだけ高い給料が欲しいところですが、そこをあまり主張しすぎると心証が悪くなってしまいますので、悩みどころです。

そのような際には「前の職場では○○万円もらっており、生活面を考えれば同額程度の給与を希望します」と記載しておきましょう。給料が少なくても採用されたいという人は、このようなことを記載する必要はありませんが、絶対に譲れない最低ラインがあるという方は、そのようなことを記載しておいたほうが、いざ採用されてから給料が少なくなってしまったという後悔をしなくて済みます。
自分の金銭状況を考えた上で、どのように記載し、面接でどのように伝えるのかを考えていかなければなりません。






まとめ
再就職のためにやるべき課題は多くありますが、その中でも今回紹介したことは最も重要なことです。一つでも妥協してしまうと、なかなか再就職先が決まらなかったり、就職してから後悔するようなことにもなりかねませんので、事前に様々な対策を行っておくことが重要なことなのです。

今すぐ応募はココをタッチ

今すぐ応募はココをタッチ