大阪の高収入風俗店男性求人|グローアップグループ求人オフィシャルサイト

大阪の大手風俗グループグローアップ公式採用情報サイト

お問い合わせ

就職を成功させるための面接

この記事を読むのにかかる時間 : 約12



面接はなぜ大切?


企業の担当者と応募者が初めて会う機会が面接です。
企業は応募者がどんな人物か、会社に合っているかどうか、どの程度就職したいと思っているのかなどを確認します。

一方応募者は、会社の事業内容や担当するであろう仕事、給与や福利厚生、人間関係や雰囲気など事前に提示されているものを詳細確認したり、分からないところを確認したりしていきます。
面接はただ単に、企業側に評価される場所ではなく、双方のマッチングを確認する場所なのです。





成功の秘訣1 良い印象を与えるために


しかしながら、やはり企業の担当者には良い印象を与えておきたいものです。
人間の第一印象はわずか数秒で決まると言われています。
有名なメラビアンの法則では、印象のうち約5割が外見、約4割が声、約1割が話す内容で決まるとされています。
これを見ても視覚の影響が大きいことが分かりますね。では外見で良い印象を与えるために、気を付けることは2つです。

1つ目は身だしなみです。服にしわがないか、靴を磨いているか、ひげは剃っているか、寝癖はないかなどの基本的なことです。
2つ目は表情です。どんな人でも暗い表情より笑顔のほうが魅力的です。
面接は緊張してしまいがちですが、爽やかな笑顔を心がけましょう。また声のトーンを少し高くして、ハキハキと話すのも良い印象を与えます。





成功の秘訣1 自己PRのポイント


企業に自分はどんな人物かを理解してもらうために、自己PRはとても大切です。
自己PRでは、自分の伝えたいことを話すだけでなく、企業が求めていることを自分から話すようにしましょう。

企業が求めるのは、「応募者が自分の企業で何ができるのか」です。中途採用の場合、特にこれが大切になります。
自分の経験や実績を踏まえて、企業でできること、実現したいことを具体的に伝えましょう。





社員に上手く聞き出そう


面接は応募者が本当に働きたいと思える企業なのか、見極める場所でもあります。
給与や福利厚生については、募集時に提示している場合が多いです。
しかし決めてとなる大切なポイントなので、昇給や昇格の仕組みや、福利厚生を利用している社員がどのくらいいるかを確認しておきましょう。

福利厚生は、実際に制度はあるけど使われていないでは、意味がありません。
次に、もし入社した場合に、担当する仕事についても確認しましょう。
はっきり決まっていなければ、同じ年代の社員が担当している仕事を聞いて、できるだけイメージできるようにしましょう。
最後に、企業の人間関係や雰囲気をつかむために、職場の年齢層や男女比、飲み会などのイベントなどを聞いておきましょう。人事担当者に、大変だった出来事や会社の良いところ・悪いところなどを率直に質問してもいいでしょう。





まとめ
面接はつい評価される場と思いがちです。しかし、自分が働ける場所がどうかを見極めるための大切な機会でもあります。
良い印象を与えつつ、確認したいポイントをしっかり質問していくことが大切です。
面接を評価される場ではなく、話し合いの場として捉えると、これまでとは違った姿勢で臨めるかもしれませんね。

今すぐ応募はココをタッチ

今すぐ応募はココをタッチ